まとめ

 711 total views,  1 views today

日本における英語教育は40年前と何ら変わっていない。ところが、世界は常に変化し続けている。英語はすでに世界の主要な国や地域で共通言語として認識されており、使われている。アジアの中で日本人の英語レベルが最下位から2番目という事実は非常に残念だ。日本に住んでいる限り英語など使うことがまったくなくても困ることは無いと思う。しかし一方で英語をツールとして身に付けたい人たちにとって日本国内の環境はあまりにもアウトプットの機会に乏しい。今までのように英会話スクールに通うという選択肢だけではなくもっと誰でも参加できてお金の掛からない仕組みができれば日本人の英語コミュニケーション力は飛躍的に向上すると考える。

以下、使える英語を身に付けるまとめのTOP3。

(1)考え方を変える
英語を受験の目的とだけと考えずに生活のツール、もしくは人生を豊かにするツールとして認識する。学校の勉強ができるかできないかは英語の習得に関係はない。言語は習慣であり文化だ。どんな日本人でもある程度成長すれば生活上の日本語に困らないことと同じである。英語はコミュニケーション・ツールのひとつとしてのオプションにすぎない。学校英語の成績が良いことなどは自慢できるものでもなく、他の国では普通の事だ。
言語学として英語を研究している場合はこの限りではない。

(2)お金は掛けない
払ったお金の金額と習得できた英語力は比例しない。しかし、考え方を変える、環境を作るなどの努力と結果は必ず比例する。世の中に昔からある英語ビジネス。英会話スクール、検定試験(民間資格)、聞くだけのリスニング学習法などの本当の価値はどこにあるのかよく考えてみる。就職に有利になるから、昇進のための条件だからとTOEICのスコアを向上することは良い。しかし、それは人生のほんの一瞬の出来事であって英語を使える事とは違う。

(3)使えること
どんなに英語を知識として持っていても使えなければツールにはならない。それはただの知識であり、インターネット上に転がっているものと何ら変わらない。 ツールは使うためにあり、ツールには目的がある。目的は個人によって異なるであろう。しかし、ツールとして身に付けた英語があなたの人生に与える可能性は無限大だ。

One thought on “まとめ

  • July 19, 2019 at 12:31 pm
    Permalink

    いつもご苦労様です。ありがたく拝読させて頂いています。全く同感です。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.