たかが中学英語、されど中学英語

 490 total views,  1 views today

日本で生まれ育った人にとっての英語の基礎は今も昔も中学英語。もちろん、一部の私学に通う人は別の話しだが、公立に行っている人にとってはこれは全国共通だ。では、なぜ、されど中学英語なのかと言えばそれは基本的な単語や文法を学ぶからという答えではない。最初に触れた英語に対するインパクトがその後の英語学習に影響する。中学のときに英語の成績が普通だった人は大人になってからの英語学習にあまり苦労しないが中学時代に英語をサボっていた人、何らかの理由で興味がなかった人は後に苦労する。つまり、歳をとっているが英語への接触度が中学1年生レベルだからである。でも、それは悪いことでは無い。要はそういう場合は自分の英語に対するイメージが中学1年生レベルだと認識していれば良いだけだ。そこからスタートすれば良いだけ。

結論的には中学で普通の成績だった人より3倍くらいの時間がかかるというだけである。その時間を努力で乗り越える人にだけ英語を使える道が開ける。ごくたまに私の生徒の中に脱落者がいる。彼らの共通項は中学時代から英語が苦手だったことにいつまでもこだわっており、何か理由をつけては努力を続けることができない人達だ。残念ながらそういう人達はドロップアウトする。もしくはこちらからクラスを辞めてもらうようにお薦めする。本人の努力不足もあるだろうが、そもそも第二言語を習得するには言語知能が平均的という条件があるので、その部分で平均以下の人には英語学習は向いていないと考えられる。その場合は向いていないことを無理に継続する必要はないのでお辞め頂くことにしている。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.