お金になる英語 その(2)

 791 total views,  2 views today

英語力にもよるが、ここでは上級クラスの英語力があることで可能となる職業に限ってみた。

(1) 翻訳・通訳

 映画の脚本翻訳などは限られた時間内に意味が通じるように和訳せねばならないという非常に高度なスキルを要求される。スキルだけでなく豊富な人生経験や海外の文化に精通していることがより良い翻訳の条件となる。翻訳には専門分野があり、医療、技術、法務、契約、不動産など様々な業種業態によって使われる専門用語も異なるので通常翻訳者は自分の得意とする分野を持っている。なんでも翻訳できるとは限らない。つまり翻訳は単語や文章を和訳するだけではなく、文脈として意味が通じ理論的に構成された文章を作れるという条件がある。直訳してしまうとニュアンスを失い、意訳も行き過ぎると本質が伝わらないという微妙なバランスを常に考えながら行われる作業である。例えば法律用語、医療用語に中にはラテン語もしくはラテン語を語源とする表現がありそれらの使い方にはニュアンスを理解することが求められる。また、医療用語の中にはカタカナ英語での専門用語に慣れている人が多いので原語の発音をそのままカタカナにすると意味が通じないものさえある。(こういう単語は日本語に訳せないのでそのままカタカナ表記にすることが多い)

(2)ツアーガイド

 これも専門性が高い職業だ。ただ英会話ができるというだけではガイドになれない。最近ではツアー・ディレクターという呼び方もあり、旅行者のグループを楽しく安全に案内できることを求められる。訪問地の歴史について短い時間で効率よく説明し、予想もしないような質問にも答えられる。ヨーロッパでは数か国語を操るツアー・ディレクターもたくさんいる。それだけ旅行者が多様化しておりいろいろな国からツアーに参加している。日本に来る外人ツアー客はグループごとに言語が限られていることがほとんどだ。だから英語をはじめその他の言語と日本語の間でのガイドができれば良いことが多い。

(3)英語・英会話講師 (英文学、ビジネス英語なども含む)

 文字通り英語を教えることでビジネスになっている。これもある意味お金になる英語である。しかし、彼らの教える英語がお金になるとは限らない。受験目的であったり、趣味の範疇を超えないものも多い。それはそれで目的として構わない。

(4)外資系会社への就職

 日本国内における外資系でどれだけ英語が必要かは業種と役職によって異なるが英語ができる人はそれなりに収入も比例することが多い。

(5)商社、貿易会社、メーカー、海外営業

 海外の企業と取引のあるあらゆる企業の中で商談に使う英語力はお金になる英語と言える。

(6)航空管制官
 航空管制官はすべてのパイロットと英語でやり取りする。しかも高度なスキルを要求される専門職である。

(7)英文記者
 インタビューが無ければ読み書きの英語だけで仕事はできるがこれも高いレベルである。また、英語圏の読者には文化的背景を考慮した表現などを使うことがあるので学校英語だけでは対応できない。その国の文化を知らないと使えないまたは分からない表現がたくさんある。

 この他にも英語を使う仕事はたくさんあるがここで気が付くのはこれらはすべて日本をベースに考えているという事。つまり、日本に住んでいながら仕事に英語を生かして収入へ繋いでいる。じつはここにリミットが発生する。もし、日本に住まずに世界中どこへでも行けるとしたらどんな可能性があるのだろうか。それは上記のような業種に限らず何でもできるという事になる。例え資格や免許が必要な職業でさえ英語を使う環境であれば制限はほどんど無い。私がいつも言っている可能性を拡大せよというのはこの事である。日本という小さな島国の中でしか人生を考えていないのならそれはそれで良い。ただそのトレードオフは海外での可能性を放棄することになる。海外と商売していれば十分ではないかと言う人もいるがそれは違う。日本に居ながら海外とできる商売は限られた狭い選択肢と認識せねばならない。私が世界第二位の企業不動産会社に在籍しているのは日本という限定した地域に居ないからできる事である。もちろん、英語だけではなく、不動産販売の免許を取得するという条件はあるがそれは難しいことではない。この本の最初に書いたように考え方を変える事で可能性の大きさは変化する。もしあなたが20代~30代の人であればぜひチャンスを作ってほしい。日本の将来を担う次世代の人たちに狭くて小さな価値観だけを持って欲しくない。人生におけるオプションはいくらでもある。その中で実現可能なものを見つけることが大切だがオプションの範囲が狭いと選択肢のバラエティーが少ない。そんなちっぽけな考え方で未来の日本を良くできるのだろうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.