おすすめ学習法(7) スピーキング編

 703 total views,  1 views today

 Kさんは中学レベルの英語力が無い生徒だった。中高とまったく勉強しなかったらしく、英単語の語彙も非常に乏しい状態だったが、彼はある日系会社のアメリカ支店長をしていたので英語のレベル向上が仕事で成功するための絶対条件だった。

ある日彼は「聞いてだいぶわかるようになったが喋れない。」と言った。それは練習不足が一番の原因だと私は伝えて、効果的なでシャドースピーキングを練習するように指導した。誰かの喋る言葉を間髪入れず真似て話し、続けてフォローしていくことをシャドースピーキングと言う。英語でいきなりシャドースピーキングの練習をすることが難しければ、日本語で練習すると良い。誰かに簡単な文章を読んでもらう。そして、そのあとをシャドーのようについて繰り返す。Kさんの場合もはじめは日本語でシャドースピーキングの練習をしてあとで英語に切り替えた。馴れるまでは少し時間がかかるが馴れると相手の後をかなりのスピードでついて行ける。日本語でシャドースピーキングができるようになったら英語に切り替える。その時自分の知っている単語や表現の文章から始める。そして、そのうちに知らない単語が混じっている文章にもチャレンジすると意味がわからなくてもモノマネできるようになる。意味や発音は後付けで良い。フォローできる、シャドーできることが大切だからだ。シャドースピーキングができるようになると相手が次にどんな言葉を発するのかが予想できるようになる。文章の聞き落としが少なくなる。

 シャドースピーキングの最大のメリットは「予測リスニング」だ。次にどんな単語や表現が来るのかをだいたい予測できるようになる。それには場数を踏まねばならなが、これが出来るようになると飛躍的にリスニングとスピーキングが同時に向上する。そして考えなくても、和訳しなくても聞いた英語に対して英語で答えるというパターンが出来る。この段階では会話のスピードが格段に速くなる。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.