おすすめ学習法(6)-リスニング編

 531 total views,  2 views today

こんな事で驚く英語教師がいたらそれこそ驚く! 
彼はもしや泳いだ経験の無い水泳コーチなのかも知れない。。。

 ある日私の教室に来た生徒がCDが何枚かで1セットになってるリスニング教材を買ったが途中で飽きてしまって数万円無駄になったと嘆いていた。よく新聞や雑誌で見かける有名なリスニング教材だった。某プロゴルファーがこの教材で学んでアメリカのツアーで他のゴルファーたちと問題なく英語でコミュニケーションできたと広告では語っているが、この日本人プロゴルファーの英語力は初級レベルでとてもアメリカ人と普通に話し合えるレベルではないことはアメリカのテレビでの彼のインタビューなどを見ればわかるが、幸いそれは日本では放映されないから誰も真実を知らない。

日本での英語ビジネスは大きな市場だが、このように事実ではないことを広告に使う、または受け手が勝手なイメージを描くようなコミュニケーションを図る広告などが目につく。効果的なリスニングとは聴覚と視覚を同時に利用することだ。たとえばYouTubeで好きな英語の映画やドラマのシーンを英語の字幕にして観る。そして何度も繰り返す。なるべく短いダイアローグで簡単なものを選ぶ。耳から入ってくる言葉と同じものが視覚からも入ってくる事は大変効果的だ。なにより、聞こえている言葉を文字で確認できるからだ。簡単なことだが、これを繰り返すことは高価なCDセットより身に付くスキルとなる。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.