おすすめ学習法(4) スキマ時間の学習を繰り返す

 558 total views,  1 views today

 改まって机に向かい勉強!というスタイルは昭和で終わっている。今やスマホさえあれば教科書が無くても学習できる時代だ。それだからこそスキマ時間を利用したい。よく言われることだが、あなたが普通の人なら他の人の3倍の努力をしてようやくその分野のエキスパートになれる。では、3倍の努力とは何か?時間かお金かといえば、それは時間だ。人の3倍の時間をかけるのは大変だ。だからこそスキマ時間を使い果たす。トイレ、電車、バス、ジムでのエクササイズ、人によっては食事中でもリスニングを欠かさない。食事くらいゆっくりとりたいと思っている人もいるだろう。3倍の努力をしている人が食事中何をしているか考えてみると良い。読み書きは無理にしてもリスニングは起きている間ならいつでもできる。そしていつでもやることだ。好きな音楽を聞いている間にリスニングが上達する場合もある。それが英語なら。JPOPを聞きながら英語のリスニングは上達しない。要はすべてのスキマ時間の使い方は自分しだいだと言うこと。他人の3倍の努力と言うこと。他の章で1日15分と書いたのは最低限の事であり、突き抜けたければ普通の人の3倍の努力という意味。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.